RSS | ATOM | SEARCH
新しい炊飯器の設置完了しました。

月が綺麗なのに曇っていて見れないのが残念です。

急に肌寒くなったと思いきや、明日はまた暑くなるとのこと。

皆様、時節柄ご自愛くださいますよう申し上げます。

 

さて、調子が悪かった炊飯器の件ですが、東京ガスのお兄さんが新しい炊飯器を設置してくれました。

炊飯器のまわりが熱くならないやつです。

昔から言いますが、ごはんを炊くときははじめボーボー中パッパです。

やっぱり火力が強い方が舎利炊きには良いですね。だから電気よりもガスの方が美味しく炊けると思います。

今は炊飯器があって、舎利が炊けると自動でパチッと火が消えて楽ですが、私が学生の時は、大きな釜に分厚い木の蓋で、最初は強火で炊いて、水蒸気が勢いよく吹きだしたら火を弱めて数分、火を消して数分蒸らしてみたいに、舎利を炊くだけでも職人の感と経験でやってました。

舎利を酢に合わすときは、おこげが入らないように気を付けて飯台に移します。

残った釜の中におこげに醤油をかけて綺麗にこそげとっておにぎりにして、職人さんが朝ごはんにしていたのを良く覚えています。

あれが美味しんです。

舎利を炊くだけでも修行が大事で、昔は舎利炊き3年と言ったもんです。

 

まあ、いずれにしても新しい炊飯器で安全に美味しい舎利が炊ければOKです。

お寿司は舎利が命ですからね。

 

本日も皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

 

author:若旦那, category:寿司, 13:46
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.takasagosushi.co.jp/trackback/1053617