RSS | ATOM | SEARCH
「しんこ」高くて買えなかった。

6月に入ってから築地の仲卸業者に「しんこ」入ったら教えてくださいとお願いしています。それはすぐに仕入れてお客様に喜んで頂きたいから。そしたら、昨日、今日、「しんこ」が少しですがセリ場に出ていたそうです。それなのにこちらが聞くまで教えてくれませんでした。私が仲卸の兄さんに「しんこ」入ったら教えてっていたじゃん!と言ったら、一言「無理!」と返事が返ってきました。毎年初入荷の時は高いんですが、昨日の「しんこ」の相場はキロあたり11万円以上ついたそうです。そして今日は下がったそうなんですが、キロ当たり8万5千円だったそうです。100gで8千500円。100gで6貫握れたとして一貫1400円以上、一貫6枚付以上になるので職人さんの手間賃を入れたら原価で1貫1800円位になります。お客さんから原価×2頂いたら一貫3600円位になってしまいます。ということでたとえ原価で握らせて頂いたとしてもせめてキロ当たり4万円を割ってからでないと仕入れられません。なので、例年通りいくとあと2週間ほどで今の半分くらいの相場になると思われますのでもう少しお待ちください。「しんこ」入荷次第お知らせさせて頂きます。その時はよろしくお願いします。

 

今日は活け〆こち、活け〆たい、松輪活け〆あじ、活とり貝、北海道産しまえび、塩水うに、鹿児島産かつお、境港産天然生本マグロがおすすめです。

 

本日も皆様のお越しを心よりお待ちしています。

author:若旦那, category:寿司, 11:26
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.takasagosushi.co.jp/trackback/1053801