RSS | ATOM | SEARCH
寿司種ケースがまた止まった。

昨晩の閉店1時間前位にまた寿司種ケースが止まってしまった。外の室外機を取り換えてまだ1か月なんですが2回目の故障。H社の担当に電話してもメールしても返事がない。今朝、寿司種ケースのスイッチを入れても動かず。9時になるのを待ってH社の事務所に電話をして寿司種ケースが故障したこと、昨晩メールをしたこと、留守電に電話したことをお話しさせて頂いたところ、すでにサポート担当が向かっているとの事。それならすぐこちらに連絡してくれればいいのにと私を含めスタッフ一同いらいら。そもそも18年間休まず故障することなく動き続けた室外機が2か月前の猛暑で壊れそうだったので、新品に取り換えたばかりなのに、もうすでに2回目の故障。「前の室外機は18年間止まらなかったのに」「何十万円もかけて新品に取り換えたのに”それはないんじゃない”」と軽いクレームを言わせてもらっても無反応。この無反応が非常に困る。H社さん、いったいどうなっちゃってるのと!?もっとクレーム付けたいけど今のご時世ブラックだとか言われそうだし、無反応ってお客さん(この場合我々)の神経逆なでだけど今のご時世そう言う対応なの?と世間の皆に聞いてみたい気分で、お店の皆は軽いショック状態の中での昨晩の閉店作業と今朝の開店作業でした。寿司種ケースが冷えないと寿司種並べられないし、仕事、作業がどんどん遅れるし・・・。

当のH社がお話を聞いてくれないので独り言だとおもってください。

それにしても、現代人は全て機械だよりなので、機械が壊れるとホントに弱いですよね。昔話で申し訳ないんですが寿司種ケースは氷でした。寿司種ケースに綺麗にカットされた氷の塊をおいて、その上にギンスといってガラスの細い棒を巻きすだれ様に編んだものをひいてその上に寿司種を並べていました。その氷も朝、夕方と取り換えたりしてました。今では氷屋さんもなくなってしまいましたが。そして、40年以上も昔の話を持ち出すなんて歳もとったし、頑固になったなとも思っています。

いずれにしても今晩には寿司種ケースは治っていると思いますので、本日も皆様のお越しを心よりお待ちしています。

author:若旦那, category:寿司, 11:52
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.takasagosushi.co.jp/trackback/1053878