RSS | ATOM | SEARCH
第1回高砂寿司寄席。

昨晩は、当店の目黒君の料理したサンマと東雪谷生まれの噺家三遊亭司師匠の目黒のサンマとかけまして第1回高砂寿司寄席を開催させていただきました。最初にサンマ塩焼き、サンマ握りを樽酒と共に召し上がって頂きそのあとに落語「目黒のサンマ」を臨場感をもって聴いて頂きました。庶民の魚サンマを目、鼻、舌、耳、で楽しんで頂きました。日本の伝統芸能、日本の食文化に触れて頂くといった趣旨のイベントでございました。参加下さいました皆様ありがとうございました。次回は12月にフランスシャンパーニュの会を企画しています。決まり次第ブログ、FBでご案内させていていただきます。イベントの内容はがらりと変わりますが今回参加できなかった皆様、是非次回は参加下さいますよう宜しくお願い申し上げます。

今回、お願いさせて頂いた三遊亭司師匠は東雪谷生まれで清明学園卒業の地元の落語家さんです。今から10年位前彼がまだ修業中の頃、よく昼間ランチに来ては一杯やって愚痴っていました。その話を聞いて落語の世界も厳しんだなと知り、よく無責任に励ましたりしたものでした。そのからしばらく顔を見なくなりすっかり忘れていたところ先日約10年ぶりに「大将おぼえていますか?」と尋ねて来てくれて。「どちらさんですか?」と聞いたら「司です。」というではありませんか、「まだ落語やってんの?」と聞いたら「真打になりました。」というではありませんか。知る人ぞ知る落語家さんになってたんですね。それなら「うちで一席やってくれ。」と言ったら「よろこんで」ということで今回第1回高砂寿司寄席開催させて頂く運びになった次第です。やぁ〜立派になっていてちょっとうれしかったですね。なんか親御ごろというかなんというか?ついついご祝儀を弾んでしまいました。ということで地元の皆さん、三遊亭司を応援してあげてください。よろしくお願いします。

本日も皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

author:若旦那, category:寿司, 14:18
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.takasagosushi.co.jp/trackback/1053885