RSS | ATOM | SEARCH
11月1日は「寿司の日」です。

さあ、今日から11月ですね。今日は何の日かご存知ですか?

そう!今日は「寿司の日」なんです。

何故、すしの日なのかは以下の通りです。

いろんなところから抜粋させて頂きました。

”1961年(昭和36年)11月に全国寿司商環衛連の第4回全国寿司商環衛連・熊本大会の際に 毎年11月1日を みのりの秋・収穫の秋・米への感謝の日として 「全国すしの日」にすることが決議されたのが始まりです。
これは、食欲味覚の秋に伝統のすしの真価を一般の方々へ浸透させ、老若男女の別なく十二分に愛食していただき、また、一年間のご愛食への謝恩に報いるためにとのことです。

それではなぜ「寿司の日」を11月1日にしたか?
義経千本桜(歌舞伎18番狂言)の中に『鮓屋の段』と言うのがあります。
ここに出てくる鮓屋の弥助がすし屋の先祖とされてます。
この話は、江戸中期の戯作者・竹田出雲の作ですが、登場人物の鮓屋の弥助、つまり平維盛は 歴史上の人物です。

『鮓屋の段』のあらすじ
維盛は平清盛の孫に当たり 平家の総大将でしたが 壇ノ浦の戦いで破れ源氏に追われ 義経の追討を逃れて、旧臣宅田弥左衛門の家にかくまわれます。宅田弥左衛門は、郷里の大和国(奈良県)吉野郡下市村で、付近を流れる吉野川の鮎を材料にして鮓屋をしていました。そこに維盛が現れかくまわれているうちに弥左衛門の娘(お里)との間に 恋心が芽生え 養子となり維盛改め鮓屋の弥助となります。平維盛が鮓屋の弥助に改名した日が11月1日である為、この日を(すしの日)としたようです。”

 

ちょっと長くなりました。

業界団体が約60年前に決めた「寿司の日」なんですが、現在の全国寿司商組合でもこの60年間、それなりにポスターやイベントなどで周知活動を行っているのですが広まりませんね。日本を代表する和商であって日本が誇るのいまや世界のお寿司なんですが、祝日にしろとまでは言いませんが、日本人みんなが知っている日になってもらいたいものです。なにしろアイルランド発祥とするハロウィーンの方が流行ってしまっている始末です。

日本の伝統的行事と言えば、今日は一の酉でもあります。

今日のランチ終了後の14時過ぎに御岳神社にいってとても縁起がよさそうな宝船と七福神の熊手を選んできました。良かったら縁起が良いので見に来てください。

もっと古き良い母国日本の伝統文化を日本の皆さんに知っていただきそして、われわれが自身の手で世界の皆さんに教えてあげらるようになりたいものです。

 

本日も皆さまのお越しを心よりお待ちしています。

author:若旦那, category:寿司, 12:02
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.takasagosushi.co.jp/trackback/1053905