RSS | ATOM | SEARCH
約10年振りに騙されたみたい。

昨晩10年ぶりにいたずら電話にやられました。

それは昨日16時57分の電話でした。夜の部営業時間直前のことでした。

たしかに電話のナンバーディスプレイは”非表示”なっていました。

「もしもし出前お願いします。」30代から40代位の女性の声でした。

”ご住所おねがいします”「東雪谷●丁目の●の●です。」すらすらと返答。

”ご注文おねがいします。”に「特上にぎり、3500円の8人前と何々」と言うので”3500円は極上ですが、それでよろしいですか?”と聞き返すと「はい」の一言。そのほか必要な情報をいろいろ聞いて、最後に”お電話番号お願いします”に「372・・・・・・」との回答も良く聞き取れずに”もう一度お願いします”といったところ「372・・・・・・・」というも外国人なまりがあるような日本語で良く聞き取れず何度も聞き直しました。

そして名前と住所からここ数年お見えになっていないものの数年前良くお越し頂いてお客様のお宅からのご注文と気づきました。

それにしてもそこの奥さんらしからぬ声だなぁ〜と思いつつも、そんなことを確認するのは大変失礼だと思い、余計なことは考えず”でき次第お届け致します”と言い、相手も「はい。」と。そして電話を切りました。

10人前以上の注文でしたが、開店間際でもあり、お後の注文も6時に入っていたのですぐに握らせて頂きました。

怪しかったのは、”非表示”だったナンバーディスプレイと電話口の”声としゃべり方”だけでした。それでも、なんかおかしいなと思いつつもお届け先は知っているお客様のお宅でしたので疑うことは出来ませんでした。

 

そして約10人前のお寿司が出来上がり、住所の確認をして約一時間後、目黒くんがお届けに上がりました。

そしたら届け先の目黒君から”留守なんですが・・・。”と電話が入りました。

こちらからも注文の際に聞いた電話番号に電話するも留守番電話につながるだけで全く出る様子はなく、目黒君にはお寿司をもって帰って来てもらいました。

 

お寿司を届けた先で”うちは頼んでないんですけど!”と云うことになれば、だまされた!とわかるんですが、届けた先留守なので、

もしかして、時間がまちがっていたのかな?とか、日にちが違っていたのかな?とか聞き違えたんじゃないのかと思いしばらくお客さんからの電話を待ちました。届け先のお家のお電話には何度もお電話して留守電にもメッセージを残していただので、なんらかの返事があるだろうと考えました。

しかし、昨晩、電話はなく、だまされたのだか?聞き間違えてのか?釈然としないまま今日になりました。

 

そして今日のお昼前、届け先のお客様からお電話がありました。

昨晩は娘さんのところで1泊して一晩留守にしていたとの事、もちろん、家族の誰もお寿司の注文をしていないとの事。

やはり、だまされた!いたずら電話だったことが判明しました。

こちらのお客様は、ご注文いただけたら心の底から良いお寿司をご提供させて頂きたくなるような素晴らしいご家族なんです。

だから聞き間違えていなかったことにちょっとホッとした部分もありました。万が一聞き間違えていてお寿司を届けらないでいたらたいへんご迷惑がかかりますからね。

 

それにしても犯人は、お届け先のお客様が当店のお客様だということを知っていたのか?届け先が昨晩留守だったということをしっていたのか?届け先の電話番号まで調べたのか?水曜日で当店が開いていたのは今月は昨日の水曜日だけだったのをしっていたのか?これは計画的な犯行ではないか!いろいろ犯人像を想像しました。

考えれば考えるほど、頭にきます!!!

 

ランチの時間が終了後、田園調布警察に電話してどうするかを相談。生活安全課とかなんとかいう部署に相談させていただきました。

”こういう場合どのようにすれば、いいでしょうかね〜?”と聞いたところ、「店主さんはどのようにしたいんですかね〜」と回答。”どうするべきかわからないから相談させていただいてるんですけど〜”と言ってみたら、「こちらからああしろ、こうしろ、とは言えなんです。」みたいな回答。そして”でも頭にくると思いませんか?”と言ってみたら、「私も学生時代、お寿司屋さんでアルバイトしていたので気持ちはわかります。」と若い警察官だと思われるのですが、こちらの望んでいる回答全くなく、こちらからどんどん質問攻めていたら最終的に「刑事課にきいてみてください。」とたらいまわしにされました。こちらの対応もプンプン!

時間がなくなってしまい結局また、明日、田園調布警察に電話してみようと思います。

つづく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:若旦那, category:寿司, 16:50
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.takasagosushi.co.jp/trackback/1053986