RSS | ATOM | SEARCH
今日から岩ガキ。

4月に入ってからなぜか?生ガキが良く出ます。いつも豊洲市場に入る一番良いカキを指定して仕入れさせて頂いているので確かにふっくら美味しいカキを特にここの所ご提供出来ています。

昨日までは岩手産北海道産のカキでした。

今日から長崎松浦産岩ガキになります。

そこで、冬のカキ(真ガキ)と夏のカキ(岩ガキ)は何が違うのでしょうか?

日本国内で最も多く出荷されている牡蠣の種類は『岩牡蠣(イワガキ)』と『真牡蠣(マガキ)』があります。 岩牡蠣と真牡蠣を比べると、育つ期間や産卵時期、旬として出荷される時期や味、そのすべてに大きな違いがあります。 産地もざっくり大きく分けると、岩牡蠣は日本海側が多く、真牡蠣は太平洋側で多く養殖されています。

ざっくりこんな違いがあります。

よくどちらが美味しいか?聞かれますが、どちらも良いカキなら美味しいですよ!とお答えさせて頂いております。

いやいや岩ガキの方がコクがあって美味しいという方がいらっしゃいますが、微妙な時期、保管状態、産地によってだいぶ変わるので一言では語りつくせません。

正直申し上げますと、この時期の岩ガキは走りなので、最盛期と比べるとまだちょっと小粒ではあります。初物なので縁起が良くもあります。

お寿司のおすすめは、千葉産活け〆天然まだい、三陸産活け〆まこがれい、千葉産のどぐろ、三重産ぶり、高知産初ガツオ、北海道産活ホタテ貝、特大あおやぎ、三陸産さより、江戸前きす、愛知産子持しゃこ、がおすすめです。

 

今晩の予約状況、14時現在。

カウンター席は、8時まで満席。8時以降空きあります。

2階テーブル席はあと3卓空きあります。

予約状況は随時変わりますので、詳しくはお電話でお問合せ下さい。

 

本日も皆様のお越しを心よりお待ちしています。

 

author:若旦那, category:寿司, 13:17
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.takasagosushi.co.jp/trackback/1054033