RSS | ATOM | SEARCH
神奈川産ひがんふぐ。

11月の秋真っ盛り、週末ごとにお天気が良くて紅葉狩りはどこも賑わっているようです。

飲食店的にもお天気が良いとお客様もご来店しやすくなるので助かります。先月は週末ごとに台風でどうなる事かと思いました。

さて、昨日もほぼほぼ魚が出たので今朝も豊洲市場へ仕入れに行ってきました。

今日は、神奈川産活け〆ふっこ、神奈川産活け〆ひがんふぐ、銚子産きんめだい、銚子産さば、三陸産さんま、神奈川県小柴産あなご、神奈川県松輪産あじ、がおすすめです。どれも近海ものばかり。

特に珍しいところで活け〆ひがんふぐ刺身、握りがおススメです。

天然トラフグ刺身に勝るとも劣らない抜群の歯ごたえがウリです。

しかも神奈川産で値段もリーズナブル。

ひがんふぐ可食部位は筋肉のみ、つまり身の部分だけです。

あとの部位には毒があるので熟練のふぐ職人がいるお店に行かないと食べられないフグなのです。

お刺身にするとても美味しいので是非召し上がってみてください。

今晩の予約状況です。

カウンター席あと4席空いています。

2階テーブル席あと1卓空いています。

詳しくはお電話でお問い合わせください。

 

本日も皆様のお越しを心よりお待ちしています。

 

 

author:若旦那, category:寿司, 13:38
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.takasagosushi.co.jp/trackback/1054183