RSS | ATOM | SEARCH
最後の岩がき。

9月中旬になり、すし種は秋を迎えています。

 

北海道根室産さんま、根室産あおやぎ、礼文島産ばふんうに、中標津産生いくら、知床産ぶり、富津産さば、天草産こはだ、対馬産のどぐろ、金沢産あまえび、千葉産新いか、淡路産あじ、小柴産あなご、岡山産たいら貝、富山産しろえび、三重産はまぐり、などなど入荷ししました。どれも一級品でおすすです。

そして、長崎五島列島から今シーズン最後の天然岩ガキが入りました。

たぶん、これが最後の岩ガキになるとおもいます。

10月からは冬のまがき、が主流になります。

基本的に岩ガキ(夏ガキ)は天然、まがき(冬のカキ)は養殖で種類(値段も)が違います。

どちらも美味しいですが、東京で流通するのは岩ガキは日本海が中心、冬のカキは北海道産三陸産が中心になります。

岩ガキの方が大きくてクリーミーなので特徴です。

いずれにしても、時期的にこれが最後になります。

今晩もお席に余裕があります。

詳しくはお電話でお問合せください。

 

もちろん、テイクアウト出前もやってます。

日頃、地元の皆さんから多数のご注文頂きありがとうございます。

地元の皆様のお蔭でお店が維持できているといっても過言ではありません。

今後とも御贔屓の程よろしくお願いします。

 

本日も皆様からのお電話を心よりお待ちしています。

 

 

author:若旦那, category:寿司, 09:11
comments(0), -, - -
Comment